XPressEntry Androidドキュメント

1.目的 #

このドキュメントは、XPressEntry Androidクライアント(XPID100)の概要を示すことを目的としています。

2.ようこそ #

XPressEntryは、ハンドヘルドデバイスを使用して施設に入る要員の資格情報を検証するために使用されるツールです。 あなたの施設を監視して保護するのに役立つ、占有数、入退室活動、アクセス制御グループ、募集活動、報告を提供します。

2.1コンセプト #

XPressEntry Server Operatorは、各ユーザーがいつどこで入力したか、特定の場所にどれぐらいの長さであるかを追跡し、管理された領域のシステム情報とアクセス制御ルールを更新できます。 従業員がXPressEntry Handheld Readerを装備したドアに近づいて、そのバッジをスキャンするアテンダントに提示します。 許可されている場合、ソフトウェアはハンドヘルドの画面に応募者の名前、タイムスタンプおよび画像を表示します。 エントリはXPressEntry Serverに記録されます。そこでは、そのゾーンの占有とアクティビティが新しい情報で更新されます。

XPressEntry Systemは、次のようなさまざまな目的で使用できます。

  • エントリ/終了トラッキング
  • 従業員の検証
  • 遠隔駐車場
  • バス検証
  • 緊急マスト
  • 密閉空間管理
  • 訪問者管理
  • イベント管理
  • 発券業務
  • 証明書トラッキング
  • ハンドヘルド登録

XPressEntryは、完全に独立したシステムとして使用することも、アクセス制御システム、人事データベース、クラブまたはリゾートPOSシステム、および他のデータベース対応システムと連携して機能するように設定することもできます。

3.XPressEntry XPIDハンドヘルドセットアップ #

これは、XPressEntry XPIDハンドヘルドデバイスを設定するためのクイックガイドです。 以下は、XPressEntry Serverからハンドヘルドをセットアップする手順です。

XPressEntry Serverの場合:

  1. サーバーのIPアドレスを決定する: XPressEntry Handheldを設定するための最初のステップは、サーバーコンピュータのIPアドレスを見つけることです。
    • このドキュメントでは、サーバーのIPアドレスを 192.168.1.243

    IPアドレスの検索方法:

    • 開いた コマンドプロンプト スタートメニューから 'cmd'を検索して選択します。
    • コマンドラインで次のように入力します。 - ipconfig
    • IPアドレスを特定する

  2. サーバポート: サーバーが30000のデフォルト値で通信をリスンするTCPIPポート。 XPressEntry設定ページで別のポートを指定した場合は(ツール→設定から、2000より上のものを選択し、マシン上で実行されている別のプログラムと競合しないようにすることをお勧めします。
    このドキュメントでは、デフォルトのサーバーポート30000を使用します。

XPressEntry Handheldについて

  1. ネットワークセットアップ
  2. ワイヤレスネットワークの設定

    • リーダーの電源を入れ、Appsを選択します ホーム画面の下部中央にあるアイコンをクリックします。 をタップ 設定 アイコンを 無線LAN アイコン。
    • 既存のネットワークの1つを選択し、パスワードを入力するか、または ネットワークを追加する リストに表示されないネットワークを追加する
  3. IPアドレス: XPressEntry Handheldの静的IPアドレスまたはDHCP IPアドレスを設定します。
    • IPアドレスオプション:
      • DHCP IPアドレス:IPアドレスが自動的にリーダーに割り当てられる場合に選択します。
      • 静的IPアドレス:ハンドヘルドが静的IPを持つ場合に選択します。 これには、会社のIT部門が割り当てたIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイが必要です。
  4. XPressEntryハンドヘルドアプリケーション:アプリケーションページからXPressEntryアプリケーションを見つけ、ショートカットを追加します。
    • 設定ページから、XPressEntryアプリを見つけます。
    • XPressEntryアプリを押し続けます。 これにより、自動的にアプリがホーム画面に移動します。
    • オプション - ハンドヘルドスタートアップでXPressEntryを実行するには: スタートアップディレクトリに移動し、手順dを繰り返します。 上記のショートカットを貼り付けるには
  5. リーダーの設定ページ:ユーザーが初めてXPressEntryアプリケーションを開くと、設定ページが表示されます。
    • ステップ1のサーバー情報をIPおよびポートのフィールドに入力します。 この例では、次のものを使用しました。
      • IPアドレス:192.168.1.243
      • ポート:30000
    • [サーバーから更新]をクリックします。
      • これにより、サーバーに正しくアクセスできることが確認され、XPressEntry Handheldデータベースがサーバー上のバージョンに更新されます。
      • これが失敗した場合は、チェックする必要がある問題を引き起こす可能性のある項目がいくつかあります。
        • XPressEntry Serverが実行中であることを確認します。
        • XPressEntry Serverとハンドヘルドが同じネットワーク上にあることを確認してください。
        • XPressEntry Serverが実行されているマシン上のWindowsファイアウォールが、指定されたポート(30000)を介してXPressEntryの通信を許可していることを確認します。
      • XPressEntryハンドヘルドセットアップが成功した場合、XPressEntry Serverプログラムの「Reader Profiles」で決定された開始ページが、プログラムの再起動時に表示されます。

4.モードと関数 #

4.1ハンドヘルドの起動 #

XPressEntry Handheldは使いやすく、XPressEntry Serverを使って簡単にセットアップできます。

ハンドヘルドで、XPressEntryアプリケーションを開きます。 XPressEntry Handheldアプリケーションは、Readers Profile設定でこれが無効にされていない限り、ログイン画面で開きます。その後、通常の動作モードに直接開きます。

4.2XPressEntryハンドヘルドモード #

選択したオプションに応じて 利用可能な機能 リーダプロファイル設定で見つかった場合、異なるモードオプションをオペレータが利用できるようになります。 モード一覧:

  • 鑑定書
  • 出入り口
  • 検証
  • 自由
  • 奮い起こします
  • アクティビティ
  • 占有率
  • 登録
  • イベント

4.2.1入退室モード #

エントリモード Readerのオペレータは、ドアのスタートゾーンからエンドゾーンに移動するユーザを記録することができます。 Exitモードでは、Readerのオペレータは、ドアのエンドゾーンからスタートゾーンに移動するユーザを記録できます。 このモードで従業員をスキャンすると、サーバーの「Entry / Exit」タブが表示されます。

ユーザーをバッジするには、主に2つの方法があります。

  • バッジをスキャンする: ビープ音が鳴るまでユーザーのバッジをスキャンし、Entry / Exit Authorizationメッセージ、スキャンした従業員の名前とイメージを表示します。
  • 手動入力: バッジ番号を手動で入力します。 見る 手動入力: 詳細については。

4.2.1.1入力/終了メニューのオプション #

入力/終了メニューのオプション 選択することによって見つけられる メニュー 画面の左上隅にあります。

詳細については、 入力/終了メニューのオプション メインメニューを参照して、目的のメニューオプションを見つけてください。 唯一の例外は、 メッセージ, ドアを設定、および ロックモードこれは、 入退室モード これらの画面の説明は以下にあります。

4.2.1.2メッセージ #

XPIDのメッセージ画面は現在利用できません。

4.2.1.3ドアを設定 #

「ドアを設定」メニューオプションは、使用可能なすべてのドアのリストを表示します。 この画面では、希望のドアを強調表示するだけで、オペレータは現在Readerが割り当てられているドアを変更できます。 このアクティビティで出入り口が変更され、選択されたドアがメインの入退室ページのタイトルに表示されます。

4.2.1.4ロックモード #

メニューオプションからLock Modeを選択して、EntryまたはExitのいずれかでモードをロックします。 ロックを解除するには、メニュー項目の「ロックモード」のチェックを外します。

4.2.2マスタモード #

マスタモード 読者のオペレータは、緊急に緊急の状況で従業員をスキャンすることができます。 従業員のスキャン マスタモード サーバー上の[Muster]タブが表示されます。

から マスタモード オペレータが使用できるいくつかのオプションがあります。

検索バー:オペレータは、姓、名、バッジ番号のユーザーを手動で検索できます。

マスタモード ウィンドウに次の情報が表示されます。

  • スキャン/欠落しているユーザーを選択する:ユーザーは、ドロップダウンリストから選択することにより、スキャンまたは欠落しているユーザーのリストを表示できます。
  • スキャンされた: スキャンしたユーザーと不足しているユーザーの合計ステータスを表示します。
  • ゾーン: アジャスターに含まれるゾーンを表示します。

4.2.2.1罫線メニューオプション #

罫線メニューオプション 選択することによって見つけることができます メニュー Muster画面に表示されます。 オプションは次のとおりです。スイッチモード、設定、サーバーからの更新、終了

詳細については、 罫線メニューオプション メインメニューを参照して、目的のメニューオプションを見つけてください。 唯一の例外は Musterゾーンを設定する これは、 マスタモード その画面の説明は以下にあります。

4.2.2.2ポイントを設定する #

召集ポイント オプションを選択すると、すべてのゾーンのリストが表示されます。 このオプションを使用すると、オペレータは、ゾーンを適切なアクティビティのゾーンに変更できます。 リストから適切なゾーンのボックスを選択するだけです。

4.2.3確認モード #

確認モード オペレータは、従業員が入力しようとしているゾーンへの適切なアクセス権を持っているかどうかを確認することができます。 ゾーンを選択するには、メニュー> [ゾーンを設定]>タップしてゾーンを選択します。

ユーザーを確認する主な2つの方法があります。

  • バッジをスキャンする: ビープ音が鳴るまでユーザのバッジをスキャンすると、画面には、スキャンされた従業員の認証承認メッセージ、名前、イメージが表示されます。 表示されるオプションは、リーダープロファイルの設定によって異なります。
  • 手動入力: バッジ番号を手動で入力します。 の 検索 アイコンをクリックしてください。

4.2.3.1確認メニューのオプション #

確認メニューのオプション 選択することによって見つけることができます メニュー オン 検証 画面。 これらは、スイッチモード、ゾーン設定、サーバーからの更新、セットアップ、および終了です。

詳細については、 確認メニューのオプション メインメニューを見て、興味のあるメニューオプションを見つけてください。 唯一の例外は ゾーンを設定する これは、 確認モード その画面の説明は以下にあります。

4.2.3.2ゾーンを設定する #

ゾーンを設定する メニューオプションはすべてのゾーンのリストを表示します。 このオプションを使用すると、オペレータはゾーンをアプリケーション用の適切なゾーンに変更することができます。リストから選択するだけです。

4.2.4証明書モード #

現在、証明書モードはXPIDでは使用できません。

4.2.4.1証明書を追加する #

現在、XPIDでは証明書の追加機能は使用できません。

4.2.4.2証明書の検証 #

現在、XPIDでは証明書の検証機能は使用できません。

4.2.4.3証明書メニューオプション #

現在、証明書メニューオプション機能はXPIDでは使用できません。

4.2.4.4リストを更新する #

XPIDでは現在、リストの更新機能は利用できません。

4.2.5自由モード #

自由モード ReaderのオペレータはXPressFreedom Boardと通信できます。 から 自由モード オペレータが使用できるいくつかのオプションがあります。

4.2.5.1自由メニューオプション #

Freedom Menu Options機能は現在、XPIDでは使用できません。

4.3.1スイッチモード #

リーダのプロファイル設定に応じて、オペレータはさまざまなモードオプションを使用できます。 Entry / Exit、Verification、Muster、Enroll、Events、Freedomなどがあります。

4.3.2手入力 #

検索アイコンを選択すると、 手入力 画面。 このオプションを使用すると、オペレーターはユーザー情報を入力してユーザーを検索できます。

  • お名前(名)
  • ファーストネームおよび/または
  • バッジ番号

この画面には、検索条件を満たすすべてのユーザーが一覧表示されます。 オペレータは、リストから正しいユーザを強調表示するだけで、送信ボタンを選択する必要があります。 ユーザーはアクティビティでスキャンされたものとしてカウントされます。

4.3.3占有率 #

表示する 占いを見る このページには、現在の占有されているゾーンが一覧表示されます。 このオプションは、オペレータが 出入り口, 奮い起こします or 検証 モード。

以下にいくつかのオプションとその効果を示します。

  • 検索バー: ゾーン名によるフィルタリングを許可します。
  • 占い師を見る: ゾーンを選択すると、そのゾーン内のすべてのユーザーの一覧が表示されます。
  • 戻ります: 演算子を前のモードに戻します。

4.3.4活動記録 #

キューに入れられたアクティビティのリストを表示します。これらのアクティビティは、接続の遅さや接続の問題が原因でサーバーに送信されませんでした。

4.3.5サーバーからの更新 #

選択する サーバーからの更新 メニューオプションは、設定から「更新リスト」を選択することに匹敵し、ローカルデータベースをサーバーの最新データで更新します。

4.3.6キーボードの切り替え #

これにより、ハンドヘルドオペレータはハンドヘルドキーボードを切り替えることができます。

4.3.7設定 #

表示する セットアップ ページでは、オペレータがサーバーの接続情報を指定し、Readerの操作環境を定義することができます。

4.3.7.1サーバー #

次を表示します:
IP - Readerが接続するサーバーのIPアドレスを設定します。
ポート - サーバーがリーダー通信をリッスンするオペレーティングシステムのポートを設定します。
リストを更新する- このボタンを押すと、ローカルデータベースからすべてのデータを消去し、サーバーからデータベース全体をダウンロードするか、サーバーからの最新データでローカルデータベースを更新するかのオプションが表示されます。
リーダー - このハンドヘルドが指定されているリーダーを選択します。

4.3.7.2設定 #

リーダーの設定を表示すると、オペレーターはハンドヘルドの設定を表示できますが、変更するアクセス権はありません。 オペレーターは、ツール→設定→リーダープロファイルにナビゲートして、サーバーからリーダー設定を編集する必要があります。

4.3.7.3ログアウト #

該当する場合は、現在のオペレータをハンドヘルドからログアウトし、リーダーをログインプロンプトに戻します。

4.3.7.4やめます #

このメニューオプションを選択すると、XPressEntryプログラムが終了します。

5.用語集 #

アクティビティ - 特定のユーザーまたはリーダーが関与するアクション

管理者 - XPressEntryの操作方法に全面的にアクセスできるXPressEntryユーザーの一種。 管理者は情報を作成および編集したり、設定を変更することができます。 XPressEntryの一部の機能は、管理者としてログインしているユーザーのみが実行できます。 その他の機能は、オペレータと管理者の両方が実行できます。 管理者はログインIDとパスワードを持っている必要があります。

バッジ - 従業員の身分証明書の総称。 従業員の氏名、会社名、バッジ番号、および従業員写真などのその他の情報が含まれます。 バッジ番号は、バーコードでコード化されているか、近接/スマートカードにデジタルで格納されています。

バッジ番号 - XPressEntryで識別の手段として従業員に割り当てられた一意の番号。 これは、アクセス制御近接カードの使用など、会社の既存の従業員識別スキームと一致させることができます。 数字だけが含まれています。 バッジ番号は在庫番号と重複することはできません。 これは従業員番号とも呼ばれます。

応募者 - ゾーンの出入りを追跡するXPressEntryユーザーの一種。 彼らは、XPressEntryが使用されている会社の従業員か、請負業者または下請け業者である可能性があります。 応募者にはバッジ番号が必要です。バッジ番号はIDバッジの一部にすることができます。

従業員番号 - バッジ番号の別の用語。

フィールド - データベース内の単一のカテゴリ(姓またはバッジ番号)。 各レコードは、このレコードを記述する複数のフィールドで構成されています。 データベースが表形式で表示される場合、フィールドは列に並べられます。

演算子 - XPressEntryサーバーを実行し、占有、活動、およびエラー状態を監視するジョブを持つXPressEntryユーザーのタイプ。 管理者はすべてのXPressEntryの機能にアクセスできますが、オペレータはXPressEntryの最も一般的に使用される機能にアクセスすることができます。

記録 - 1人のユーザ、ドア、リーダーなどに対応するデータベース内の単一のエントリ
レコードはいくつかのフィールドで構成されています。 ユーザーレコードには、バッジ番号、名、ミドルネーム、姓、会社などの情報が含まれます。 データベースが表形式で表示される場合、レコードは行に並べられます。

ユーザー - XPressEntryシステムを使用している人。

6.技術サポート #

XPressEntryのサポートが必要な場合は、世界中のお客様がテクニカルサポートを受けるためのいくつかの方法を提供しています。 また、TelerisはXPressEntryの改善のための入力を歓迎します。貴社のモバイルアクセスコントロールシステムに価値をもたらす機能があれば、Telaerisはこれらの機能をアプリケーションの次のバージョンに組み込むことができます。 Telaerisはカスタムレポート形式を含め、お客様の会社だけにカスタマイズされた機能を提供することもできます。


インターネット上で
XPressEntryに関するよくある質問、アップグレード、ヒント、テクニック、およびその他のTelaeris製品に関する情報については、当社Webサイトwww.telaeris.comをご覧ください。

メールアドレス
テクニカルサポート部門support@telaeris.comに電子メールを送信してください。

ファックス(FAX)
テクニカルサポート部門(858)627-9702にFAXを送信してください。

電話
技術サポート部門(858)627-9700までお電話ください。 テクニカルサポートは、月曜日から金曜日の9:00 AM〜5:00 PM、太平洋標準時までです。

お問い合わせの前に
テクニカルサポート部門に連絡する前に、お使いのハードウェアが最小システム要件を満たしていること、およびハードウェアと周辺機器がすべて製造元の指示に従って正しく接続されていることを確認してください。 以下の情報を準備してください:

  • 製品バージョン(オプションメニューから「バージョン情報」を選択してください)。
  • オペレーティングシステムとバージョン
  • ハードウェア構成の説明
  • 正確なエラーメッセージ(存在する場合)
  • 問題を再現する手順
編集を提案する