今後の予定:セキュリティ展示会および会議(ブースC57) - ICCシドニー、ダーリングハーバー - 7月24-26、2019

電力容量と消費電力

基本的な式から始めます。

電力(ワット) = アンプ電流 x 電圧

AT870Nの標準バッテリは、 3000ミリアンペア時 そして 3.7ボルト。 バッテリーは次に提供します:

ワット·アワー = 3アンプ時間 * 3.7ボルト = 11.1ワット時間

デバイスの実際の電力使用量は、以下を含む多くの異なる要因の使用方法によって異なります。

  1. WIFI
  2. RFID(UHFはより多くの電力を消費する)
  3. バーコード
  4. ブルートゥース
  5. セルラーデータ接続
  6. GPS
  7. カメラとフラッシュ
  8. 画面の明るさ
  9. キーボードのバックライト
  10. プログラム操作

UHFを含むすべてのデバイスを使用する場合の最大消費電流は、規定された1.2V DC電源の3.3 Ampsです。 この分野では、Wifi、Barcode、XPressProxバッジリーダーを備えた基本ユニットのXnUMX時間の連続稼働時間がXPressEntryソフトウェアを実行しているのが普通です。 これは、ユニットが約6ワットの電力を消費していることを示します。