今後のイベント:ISC West 2020(ブースTBA)-ネバダ州ラスベガス-3月18-20、2020
  • ホーム
  • Kb
  • XPressEntryガードログインを有効にする

XPressEntryガードログインを有効にする

ガードにハンドヘルドへのログインを要求することは、デフォルトで無効になっています。

これを有効にするには、以下の手順に従ってください。

リーダープロファイルで、「リーダーログインを無効にする」のチェックを外して保存します。 このリーダープロファイル設定が、使用しているハンドヘルドに関連付けられているプロファイルに適用されていることを確認してください。

リーダープロファイルでのログインを無効にする

メインフォームの[ロール]タブに移動します。 既存の役割を編集するか、「ハンドヘルドリーダーにログインできる」チェックボックスをオンにした新しい役割を作成します。 終了したら[保存]を選択します。

保護者ロールの設定

デバイスにログインできるようにする必要があるシステム内の各ユーザーに対して、構成した役割を選択します。

ユーザにGuardの役割を割り当てる

それだけです! デバイスは、アプリケーションに入るためにガードからのバッジスキャンを必要とします。

ログアウトするには、同じガードがもう一度バッジをスキャンするか、[メニュー]> [ログアウト]の下の[ログアウト]を選択します。